スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅葉が楽しめる盆栽

bon_060410.jpg

清玄 カエデ科 落葉高木

江戸時代?明治時代にかけてイロハモミジなど改良した園芸品種です。

盆栽として古くから培養されている種類で、
多くの銘品を見ることが出来ます。

ヤマモミジと比べると、葉形は大きく切り込みも深く、
厚みが感じられます。

特に春の芽出し時期は、濃いピンク色は見事です。
日が経過するに従がって緑に変わっていき、秋には紅葉も楽しめます。

清玄の樹形は迫力ある太幹で、足元より立ち上がる幹模様と、
古さを感じる幹肌、繊細に作られた枝先が素晴らしい一樹です。

上記写真は、

樹齢: 約100年
樹高: 約105cm


であり、貴重盆栽登録樹である。
見事と言うしかない。
私も2時間程、その場を動けなかったくらいである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

(´-`)やぁ・・・
コメントが一つもないと寂しいから私が書いてあげます。
私には盆栽の知識なんてないけど、これだけは言える。
「アンタ2時間どころか、一度も見たことないやろ・・・。」

盆栽こそ我が人生といっても過言ではない。
あらゆる盆栽展・植木市に参加をしている。
いや盆栽展は、客賓として招かれ講演に引っ張りだこである。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。